お腹が出てきたんなら、運動習慣を身につけてみたら?

いつの時代もダイエットに励む女性は多いですよね。
女性は男性に比べて皮下脂肪が厚く、脂肪がつきやすいという体質です。
高校生ぐらいまでなら基礎代謝も高く、多少脂肪がついてもぽっちゃりとした、かわいらしいボディラインになります。
でも、年を重ねるごとに基礎代謝は落ちてしまいます。
それにもかかわらず、脂肪はどんどんついていくので、やがて「ぽっちゃり」という表現では許されない日がやってきます。
太ってしまうといろいろ問題がでてきます。
その1つは「肉割れ」です。
肉割れはお肉が付いてしまった部分に、しま模様のような筋が皮膚の表面にできてしまう症状です。
放っておいても別に健康上問題はありませんが、見た目がよくありません。
海や温泉に行ったとき、ちょっと恥ずかしいんですよね。
一度できてしまった肉割れを消すのは難しいですが、肉割れをケアするクリームというものがあります。
「プレマーム」もその1つで、肉割れケアに特化したスキンケアクリームです。
通販で簡単に手に入りますよ。
プレマーム 通販
太ってしまったときはダイエットをすると同時に、肉割れ対策をすることも大切なことです。
意外と見落としがちになってしまうので十分注意するようにしましょう。

ところで、ダイエットというものはやっぱり簡単にできるものではありません。
事実、挫折する人も多いし、一瞬痩せることに成功したとしても、リバウンドでさらに太ってしまうことだってあります。
これだとせっかくがんばっても、努力がすべて無駄になってしまいます。
意識して「やせなきゃ!!」と思えば思うほど、ダイエットに失敗した時のガッカリ感は大きいですよね。
やっぱりダイエットを成功させるためのコツは習慣化を強く意識することだと思います。
「今日も運動しなきゃ!」と思ってがんばろうとする人は多いと思いますが、じつはこれは挫折する確率が上がってしまいます。
そうではなくて、運動習慣を身につける方法を考えるようにします。
運動習慣のない人がいきなりがんばったとしても、続けられないのは、ごく自然なことです。
その理由は、当たり前ですが、「運動習慣がなかったから」です。
最初から100点を取れる人なんていません。
少しずつ積み上げた先に100点にたどりつけると考えましょう。
だから最初のうちは、「30秒だけ腹筋を毎日やろう」などといった小さな目標から始めてはどうでしょう。
コツは質や量ではなく、継続を最優先にすることです。
そして、少しずつ目標を大きくしていけば、やがてそれなりの運動量を毎日こなすことができるようになりますよ。

意外とみんなやらない睡眠ファーストな考え方

美しさを保つことってホント大変ですよね。
髪型、ファッション、メイクと気を使わないといけないところはいっぱいあります。
毎日毎日こんなに気を使っていると時間もかかるし、ストレスも溜まってきてしまいます。
だからなのか、おいしいお菓子や甘いスイーツをついつい食べ過ぎてしまうという人も多いんじゃないでしょうか。
男性に比べて女性は美しさに対して気を使わないといけないので、これぐらいは許してもらいたい。
とはいえ、そんなふうに自分を甘やかしていると心配になってくるのが健康面です。
ほとんどの場合、おいしいものは体にとって良くないものが多いですよね。
忙しい1日が終わり、ゆっくりとくつろいでいる時間に食べるお菓子やスイーツは最高です。
しあわせバター味のポテトチップスやハーゲンダッツのアイスクリームといったものが大人気なのがその証拠です。
でもやっぱり夜の間食は健康にはよくありません。
この誘惑に流されないようにするのが、健康や美しさを保つための第一歩になるかもしれません。
間食はストレス解消になると考える人も多いでしょう。
たしかにそれは事実だと思います。
ささやかでも幸せなことが無ければ、毎日が辛いでしょうし、最悪、鬱になってしまうかもしれませんからね。
「ストレス解消」と「美と健康」。
どちらをとるのかが大きな問題となります。
そこでおすすめな方法が、「睡眠ファースト」です。
生活の中で何よりもまず最優先するべきは睡眠という考え方です。
どんなに忙しくても睡眠時間を確保するようにするといいでしょう。
そうすれば、必然的に寝る時間もいつもより早くなります。
寝る時間が定まると、そこから逆算して夕食を食べる時間やお風呂に入る時間も自然に決まってくるはずです。
意外とゆっくりできる時間が少ないことに気づくと思います。
そうなるとゆっくりお菓子を食べている時間はなくなってしまうかもしれません。
でも、それでいいんです。
お菓子を食べるのは確かにストレス解消効果がありますが、睡眠にもストレス解消効果があるからです。
お菓子はストレス解消と同時に健康被害がありますが、睡眠にはそれがありません。
あるのはメリットだけです。
しかも寝るだけなので、お金がかかることもありません。
こんなメリットだらけでお金もかからない睡眠をないがしろにする人は多いです。
それはとてももったいないことです。
睡眠ファーストという考え方はとても大切なことなんです。

ところが、睡眠ファーストの生活を心がけても、年を重ねると美しさは失われていきます。
これは仕方のないことなのかもしれませんが、美しさが失われるスピードを遅らせることは可能です。
たとえば、「高齢美人」のようなサプリメントを生活に取り入れるのは有効な方法です。
高麗美人は年齢の曲がり角である40代~50代の女性に大人気の無添加サプリメントです。
高麗美人 添加物
サプリメントを上手に活用して睡眠ファーストでいつまでも若々しい幸せな人生をおくっていきたいものですね。

ブロッコリーを生でバリバリ食べるのはアリ?ナシ?

「野菜を多く食べるのは、体にとって良いこと」というのは広く一般的に知られています。
でも、行き過ぎはよくありません。
iphoneで有名なアップルの創業者スティーブ・ジョブズはベジタリアンだったそうです。
ベジタリアンというより、「ヴィーガン」と呼ばれる完全菜食主義者だったそうです。
働き盛りにもかかわらず、惜しくも亡くなってしまいましたが、その理由は菜食主義が原因だったともいわれています。
このような極端な例は別として、一般的には野菜を食べるのは健康にとって良いこととされています。
実際、野菜を多く食べる生活にしたら、便秘が改善したり、美肌になったりしたと実感している人も多いんじゃないでしょうか。
野菜を手っ取り早く摂る食べ方はやっぱりサラダですよね。
スーパーに行けば、サラダ用のドレッシングがところせましと並んでいます。
いろんな種類があり過ぎて、どれにしようかものすごく迷ってしまうほどです。
このような点からみても、サラダに人気があることは一目瞭然ですよね。
レタスやキャベツ、キュウリのほか、トマトやリーフ類を添えるとおしゃれ度が増します。
茹でたブロッコリーやアスパラ、カリフラワーなどを加えるのもいいですね。
女性に人気のブロッコリーですが、やっぱり茹でてから食べるのが一般的ですよね。
でも、ブロッコリーって生でも食べることができるんです。
茹でてしまうとビタミンなどの栄養素が流れ出てしまいますが、生で食べればブロッコリーの栄養をまるごと摂取することができます。
房の部分を一口で食べれるぐらいの大きさに切るだけなのでそれほど手間もかかりません。
むしろ茹でる手間がなくなるので楽になります。
少し硬いのが難点ではありますけどね。
野菜はカロリーが少ないので、ダイエット効果も期待できます。
モデルのようなすらりとした体型にあこがれる女性は多いと思いますが、痩せすぎはよくありません。
最近では、むしろ痩せすぎて太れないことに悩んでいる女性も多いんです。
そんな悩みを抱えている人たちにピッタリなのが「プルエル」です。
太るためのサプリメントなんです。
プルエル 薬局
ちょっと珍しいサプリメントですよね。
サラダをとりつつ、健康的な体づくりをしていきたいという人に向いています。
本当に美しい体というのは内側からにじみでる美しさを持っているものです。
外側ばかりに目が行きがちですが、むしろ内側からのケアのほうがものすごく大切なんですよね。

発芽玄米は意外とおいしいし美容にも最適!

最近では、美容や健康のために玄米を主食にしている人が増えてきています。

わたしたちが普段よく食べている白米よりも栄養価が高いというのがその理由です。

白米は玄米を精製したものです。

精製という言葉はなんだかちょっとわかりにくいですよね。

具体的に言うと、玄米から「ぬか」と胚芽を削ぎおとすということです。

要するに玄米を丸裸にしたのが白米ということです。

玄米には栄養が豊富ですが、炊くとパサパサになったり、ぬかくさい匂いがしてしまいます。

だから、「玄米はまずいから苦手」という人も少なくありません。

精製して白米にしたほうがおいしく食べられるということですね。

白米は確かにおいしいですが、丸裸になったものなので当然、玄米に比べて栄養価は少ないです。

味をよくする代わりに栄養を犠牲にしてしまっています。

「美容や健康のためなら、多少まずくてもOK!」という人たちは白米をやめて玄米を主食にしています。

わたしもそのうちの一人です。

玄米は栄養豊富ですが、その玄米よりもさらに栄養価が高いと言われているのが「発芽玄米」です。

その名の通り、玄米を発芽させたものです。

なんかすごいお米って感じがしますが、スーパーでも普通に売っていますよ。

有名どころは「ファンケルの発芽米」ですね。

わたしは発芽玄米なるものを初めて知った時、このファンケルの発芽米を買っていました。

玄米はおいしくないと聞いていましたが、そんなふうには感じませんでした。

個人的には白米よりも発芽玄米のほうが好きです。

値段はやっぱり白米に比べてちょっとお高いですけどね。

なぜそこまでして玄米にこだわるのかというと、わたしの場合はお肌のためです。

将来、シワやシミで悩みたくありません。

いまのうちから健康的な食生活を心掛けて、美肌対策をしていくのが最善だと思っています。

美肌対策は食生活も大事ですが、紫外線対策も重要です。

最近では日焼け止めクリーム以外に「飲む日焼け止め」なんてものも見かけるようになりました。

わたしが今注目しているのは、「インナーパラソル16200」。

12週間の飲用試験を行ったところ、メラニン量、肌の明度、シミの数の3項目に対して改善が見られたんだとか。

これからは、塗る日焼け止めではなく、飲む日焼け止めが当たり前になってくるかもしれませんね。

インナーパラソル ドラッグストア