ブロッコリーを生でバリバリ食べるのはアリ?ナシ?

「野菜を多く食べるのは、体にとって良いこと」というのは広く一般的に知られています。
でも、行き過ぎはよくありません。
iphoneで有名なアップルの創業者スティーブ・ジョブズはベジタリアンだったそうです。
ベジタリアンというより、「ヴィーガン」と呼ばれる完全菜食主義者だったそうです。
働き盛りにもかかわらず、惜しくも亡くなってしまいましたが、その理由は菜食主義が原因だったともいわれています。
このような極端な例は別として、一般的には野菜を食べるのは健康にとって良いこととされています。
実際、野菜を多く食べる生活にしたら、便秘が改善したり、美肌になったりしたと実感している人も多いんじゃないでしょうか。
野菜を手っ取り早く摂る食べ方はやっぱりサラダですよね。
スーパーに行けば、サラダ用のドレッシングがところせましと並んでいます。
いろんな種類があり過ぎて、どれにしようかものすごく迷ってしまうほどです。
このような点からみても、サラダに人気があることは一目瞭然ですよね。
レタスやキャベツ、キュウリのほか、トマトやリーフ類を添えるとおしゃれ度が増します。
茹でたブロッコリーやアスパラ、カリフラワーなどを加えるのもいいですね。
女性に人気のブロッコリーですが、やっぱり茹でてから食べるのが一般的ですよね。
でも、ブロッコリーって生でも食べることができるんです。
茹でてしまうとビタミンなどの栄養素が流れ出てしまいますが、生で食べればブロッコリーの栄養をまるごと摂取することができます。
房の部分を一口で食べれるぐらいの大きさに切るだけなのでそれほど手間もかかりません。
むしろ茹でる手間がなくなるので楽になります。
少し硬いのが難点ではありますけどね。
野菜はカロリーが少ないので、ダイエット効果も期待できます。
モデルのようなすらりとした体型にあこがれる女性は多いと思いますが、痩せすぎはよくありません。
最近では、むしろ痩せすぎて太れないことに悩んでいる女性も多いんです。
そんな悩みを抱えている人たちにピッタリなのが「プルエル」です。
太るためのサプリメントなんです。
プルエル 薬局
ちょっと珍しいサプリメントですよね。
サラダをとりつつ、健康的な体づくりをしていきたいという人に向いています。
本当に美しい体というのは内側からにじみでる美しさを持っているものです。
外側ばかりに目が行きがちですが、むしろ内側からのケアのほうがものすごく大切なんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です