肌のくすみは「肝斑」である

普段のお化粧であなたはファンデーションを手放せませんか?
もしたっぷりと塗っているのなら、その理由は・・・・

・年齢とともになんとなく肌がくすんできた気がする
・ほほのあたりに、モヤッとした茶色いものが目立つ気がする
そんな多くの女性が気にしているのがお肌のくすみです。

お肌にくすみが出てくる理由はたくさんありますが、それをファンデーションでごまかし続けるのにはいつか限界がやってきます。

■ お肌のくすみは「肝斑」が主な原因
肝斑の原因などは学界や業界でもその定義もバラバラです。
でも主な症状として
「周囲の皮膚に比べてくすんでいる領域」
を肝斑と呼んでいます。
これは普通のシミとは異なり輪郭もはっきりせず、頬骨の中央や目尻の下あたりで左右対称にでることが特徴です。
肝斑にも「濃い肝斑」から「ごく薄い肝斑」までいろいろありますが30歳中盤あたりの女性のほとんどにこの肝斑という症状が認められるのです。

■肝斑が悪化する原因
肝斑が出てくる原因は以下の3つといわれています。
①ホルモンバランスの崩れ
②紫外線
③化粧品に頼ったスキンケア

肝斑が悪化する原因として「ホルモンバランスの崩れの影響」といわれていて、多くの方がそれが肝斑悪化の原因と考えています。
でも、実際のところ「ホルモンバランスの影響で肝斑が悪化する人」は全体の2~3割程度なのです。
肝斑悪化の主な原因は
「紫外線」
「普段のお肌のスキンケア」
なことを知っておいてくださいね。

年齢を重ねていくうちに、肝斑のくすみは強くなっていきます。
もちろんもともとの皮膚の薄さや過敏性など個人差は大きいですが、年齢とともに肝斑が出てくるのは仕方のないことなのです。
それは年齢を重ねるにつれお化粧をしていた期間が長くなることなのでくすみが出やすくなるのです。

■肝斑を改善するには?
肝斑を改善するには前記の肝斑の原因を改善することからです。

ストレスはホルモンバランスを崩します。
身体だけでなく心の健康にも注意しなければなりません。
紫外線もお肌の大敵です。
20分以上の外出なら日傘をさしたり日焼け止めクリームを塗るなどの対策もしましょう。
肌のバリア機能を破壊するスキンケアをしないように正しいスキンケアを調べましょう。
・肌に負担をかけないファンデーション
・肌に負担をかけないクレンジング
このあたりはしっかりと調査してください。
吹き抜け テレビ 聞こえにくい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です