お肌を絶対に引っ張っちゃダメ

顔の形がだんだんシャープじゃなくなってきた
それはある程度 お年を召した女性なら誰でもい感じるはずです、
これはお肌にハリは失われ、若い頃は強固だったお肌の結合組織が緩んできて、もはや重力にあらがえなくなったことで生じるたるみが原因です。
毎日 鏡の前に映る自分の顔に思わず
「老けた?」
とある日 嫌でも気づく瞬間がやってきます。

でも絶対にやっていけない動作が
「若いことはこうだったよなぁ・・・」
などとたるんだ皮膚を引っ張りあげることです。
それをしてしまうと皮膚は伸びてしまいます。
みんな若いことの皮膚に戻そうとしてそんなことをされがちですが、皮膚って決して形状記憶しているわけではないのです。
毎日毎日鏡を見るたびに引っ張っていると皮膚はどんどん伸びていってしまい、たるみやしわはひどくしていることになります。
ですから、皮膚を無理やり引っ張り上げることは逆効果のことをしっかりと理解しておいてください。

また、お肌をこするのも厳禁です。
それはシミをどんどん濃くするだけでなくタルミもひどくしていきあmす。
よくやるのが「クレンジングやクリーム」を塗りこむ時です。
その時お肌の皮膚は引っ張り上げられグイーンと伸びていっています。
こすることでたるみは進行しているのです。

では、たるんだお肌の皮膚をどうすればいいのか?
まずは引っ張らないことです。
こすらないことです。
お顔のお肌の血行を良くなるからといって強いマッサージはおすすめしません。
強いマッサージは肌をこする動作なのでシミの原因にもなります。
マッサージをするのは顔ではなくアゴの下からのフェイスラインや耳の下、そこから首のあたりです。
とりわけたるみ防止に良いマッサージは「みみマッサージ」です。
まずは背筋をピンと伸ばし、頭を舌に向けながら耳の上部を横に引っ張り1分間程度キープします。
これによって肩から首の滞っていた血流が解消されます。
その後数回耳全体をグネグネ揉んだり、折りたたんだり、いろんな方向にひぱったりするとお顔の血流がよくなります。
きっとお顔全体がポカポカするのを感じられるでしょう。
これが直接顔をマッサージするよりもたるみ防止には効果的なんです。
相続手続き 代行 愛知 名古屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です