体内の消化酵素の無駄使いが肌荒れの原因?

体内酵素の無駄使いが肌荒れの原因になっていることもある?
というこいとも知っておいてください。

肌荒れでお悩みの方に3つの質問です。

Q;早食いになっていませんか?
早食い
つまり噛まない食事は消化酵素を大量に消費してしまいます。
ゆっくり噛んで食べると口の中で食物が細かく砕かれて、その後の章かがとてもスムーズにいきます。
一口食べたら箸をおき、30回程度は噛むことを意識することが良いとされています。

Q:大食いになっていませんか?
食べ過ぎ
大食い
つまりたくさん食べすぎると消化酵素不足してしまいます。
消化しきれなかった食べ物は腸内で腐敗し悪玉菌を増やしてしまいます。
ですから昔から「腹八分目が良い」と言われているのはこの理由かもしれません。
食事は
「おなか一杯」
と感じるまで食べてはいけないのです。

Q:トランス脂肪酸って知ってます?
心筋梗塞や狭心症のリスクを増加させ、アレルギー疾患を進行させることが確認されている質の悪い油なのがこの「トランス脂肪酸」です。
トランス脂肪酸は体内に摂取されると体内の消化酵素が大量に消費されてしまいます。
しかし、それでも代謝されないトランス脂肪酸は体内にとどまり。体に様々な悪影響を及ぼします。
このトランス脂肪酸は
・マーガリン
・ショートニング
・ファットスプレッド
またこれらを原材料に使った
・パン
・ケーキ
・ドーナッツ
などの洋菓子に多く使用されイェイることがあります。
ですからケーキ好きな女性は原材料をきちんとチェックしてからケーキなどを選んでください。

ちょっと前までは朝食にバターを塗る時にほとんどマーガリンの家庭が多かったものです。
しかも、動物性油脂のバターよりも健康によいとまで宣伝されていたのです。
しかし、このマーガリンの箱の成分表示を見てください
おそらく「食用精製加工油脂」という表示があるはずです。
これはまさにトランス脂肪酸なのです。
毎朝 パンにたっぷりのマーガリンを塗ったトーストを食べているのなら、それが肌荒れの下人かもしれません。
チャットレディ 稼ぐ コツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です