肌荒れ・クスミ解消のための顔の2カ所尾の美人ツボをもみほぐせ

私たちの身体には血管と同じくリンパ管も張り巡らされています。
このリンパにはウィルスなどから身体を守るための免疫の働きと、私たちの体の中の余分な水分や老廃物を身体の外へとは運び出す2つの働きがあります。
美容に大きな易経のあるいリンパ節は「耳下腺リンパ節」といわれるものがあります。
これはだいたいみみのしたあたりにあります。

また鎖骨のくぼみにある「鎖骨リンパ節」はリンパ管と全身の血液を心臓に戻す血管である静脈が重なり合っていてこの部分御リンパを流すことで、全身御リンパの流れも局なります。
不用な老廃物を回収したリンパは、静脈に流れ込んで腎臓や肝臓に運ばれます。
そこで濾過されて尿や汗となって体外に排出されます。

この耳の下あたりにある「耳下腺リンパ節」や「鎖骨リンパ節」が固くなってパンパンに張っている方は、くすみや吹き出やむくみなどのの肌トラブルになっています。
また肌トラブルだけでなく全身の倦怠感などあることもあります。
この林逋亜説が固くなったことで老廃物が体外に排出されないことは痩せにくい体質にもなります。
、あた肩こり。厄日残り、敷いては頭痛の原因にもなっています。

この硬くなってしまった「耳下腺リンパ節」や「鎖骨リンパ節」を丁寧にほぐすだけで、さまざまなお悩みの解消にもなるいのです。

この「耳下腺リンパ節8」と「@鎖骨リンパ節」はお肌の美容にとても重要な場所です。
いわゆる2大美人のツボなのです。
特に老廃物が溜まりやすい場所でもあるので自分で行うセルフエステとしてそれらを流すように優しくほぐしていきましょう。
リンパを流すリンパ管はとても繊細ですから、あまり力は入れずに優しくもみほぐすことが大事です。
丁寧にもみほぐしてリンパを流れやすくしておくとその後のお肌のエステの効果も格段に上がります。
カナダグース クリーニング 失敗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です