美脚について

美しい脚。美脚ということを考えていろいろなことを実践している人がいるでしょう。肌質に関しての美脚であればマッサージやエステ、そして、太さやフォルムといったことに関してはストレッチや運動といろいろな方法があります。そういった中で美しい脚、美脚というものはどういったものなのかということを真剣に考えたことがない人もいるでしょうから、一般的に美脚といわれる基準というものを紹介しておきます。まず、身長とのバランスについて、これは身長において脚がどの程度の割合を占めているかということが重要になります。これに関しては、雑誌モデルさんであれば、50%超えがおおよそのラインとして語られています。しかし一般の人に関しては、45%程度であれば、割合という意味では美脚として判断されます。続いての美脚の基準としては、太さをあげることができます。主に太ももとふくらはぎになりますが、こちらは腰から、足首までを一直線のラインで結ぶことができるフォルムが美脚といわれています。太さの問題もそうですがX脚やO脚といった状態になると、一直線に結ぶことができず不恰好と判断されます。
脚の問題を解決するという際に美容面、健康面両方で「むくみ」と「筋肉不足」というものが語られます。そういった中で美脚が気になっている方は美脚を妨げる大きな原因は「むくみ」と「筋肉不足」って本当?と疑問を感じていることでしょう。そこで、簡単に美脚と「むくみ・筋肉不足」の関係についてお話したいと思います。むくみに関しては、これをとるだけで、脚の太さそのものが変化するため、わかりやすいかと思いますが、筋肉不足というものに関してはよくわからないはずです。この筋肉不足というものに関しては、O脚やX脚などの脚のゆがみに影響するだけではなく、基礎代謝の減少といったことが考えられるため、下半身太りの原因となります。筋肉がモリモリあればいいというわけではありませんが、見た目上もある程度筋肉があったほうが脚は美しく、不足すると見た目が悪くなるということは理解しやすいでしょう。ゆがみや細さということを美脚を求めるうえで重要だと感じている方にとっては、美脚を妨げる大きな原因は「むくみ」と「筋肉不足」と判断してよいでしょう。
ビハキュア キャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です