お肌を絶対に引っ張っちゃダメ

顔の形がだんだんシャープじゃなくなってきた
それはある程度 お年を召した女性なら誰でもい感じるはずです、
これはお肌にハリは失われ、若い頃は強固だったお肌の結合組織が緩んできて、もはや重力にあらがえなくなったことで生じるたるみが原因です。
毎日 鏡の前に映る自分の顔に思わず
「老けた?」
とある日 嫌でも気づく瞬間がやってきます。

でも絶対にやっていけない動作が
「若いことはこうだったよなぁ・・・」
などとたるんだ皮膚を引っ張りあげることです。
それをしてしまうと皮膚は伸びてしまいます。
みんな若いことの皮膚に戻そうとしてそんなことをされがちですが、皮膚って決して形状記憶しているわけではないのです。
毎日毎日鏡を見るたびに引っ張っていると皮膚はどんどん伸びていってしまい、たるみやしわはひどくしていることになります。
ですから、皮膚を無理やり引っ張り上げることは逆効果のことをしっかりと理解しておいてください。

また、お肌をこするのも厳禁です。
それはシミをどんどん濃くするだけでなくタルミもひどくしていきあmす。
よくやるのが「クレンジングやクリーム」を塗りこむ時です。
その時お肌の皮膚は引っ張り上げられグイーンと伸びていっています。
こすることでたるみは進行しているのです。

では、たるんだお肌の皮膚をどうすればいいのか?
まずは引っ張らないことです。
こすらないことです。
お顔のお肌の血行を良くなるからといって強いマッサージはおすすめしません。
強いマッサージは肌をこする動作なのでシミの原因にもなります。
マッサージをするのは顔ではなくアゴの下からのフェイスラインや耳の下、そこから首のあたりです。
とりわけたるみ防止に良いマッサージは「みみマッサージ」です。
まずは背筋をピンと伸ばし、頭を舌に向けながら耳の上部を横に引っ張り1分間程度キープします。
これによって肩から首の滞っていた血流が解消されます。
その後数回耳全体をグネグネ揉んだり、折りたたんだり、いろんな方向にひぱったりするとお顔の血流がよくなります。
きっとお顔全体がポカポカするのを感じられるでしょう。
これが直接顔をマッサージするよりもたるみ防止には効果的なんです。

借金を住宅ローンに組み込む方法

激しい運動不用のきゅっと締まったウエストを作る方法

実は激しい運動をせずにきれいにきゅっと締まったウエスト意を尽く方法があります。
それは正しい姿勢をすることです。
正しい姿勢はお腹周りの脂肪を減らすのに効果があるのです。
そのために簡単なエクセサイズも紹介しておきあmす。

壁に背中をぴったりとつけたまま、できるだけあばら骨を上に引き上げお腹をぺこっとと凹ませます。
すると腰の後ろあたりに壁との空間ができます。
そこに手を入れて、手のひら1枚くらいになるまで
お腹を奥に奥にと押し付けていきます。
この奥に引っ込めた状態で上に引き上げます。
ここで動いているのが腹直筋です。
この腹直筋が正しい姿勢や美しいスタイルの源なのです。
この服貯金が弱ってくるから余分な脂肪がお腹周りについてくるのです。
肋骨から骨盤までの間、このいわゆるウエストまわりには大切な役割をする内臓がたくさん入っているのにもかかわらず、骨で覆われていません。
そのため内臓を守ろうとするためにも脂肪を尽きやすくしている身体の仕組みになっているのです。

腹直筋やわき腹についている腹斜筋は内臓を正しい位置に収めておく役割があります。
いわゆる内臓のためのコルセットのようなものです。
ここを鍛えるために、毎日お腹を凹ませて上に引き上げる意識をもって生活することが大切なのです。
この姿勢を保つことが習慣化できれば激しい運動をしなくても綺麗できゅっと締まったウエストラインを手に入れることが出来ます。
最初はわずか5分程度でもいのでチャレンジしてみてください。
なにか気づいた時にはその姿勢を摂ることを心がけてください。
できればその姿勢を
10分
30分
1時間
と長く続けられるようにしていきましょう。
するとmジュ意識のうちでもお腹が凹んでいつ!?
そんな状態にまでもっていければメタボお腹ともおさらばできます。
こんな簡単な運動でお腹周りがすっきりするのであればチャレンジしてみる価値はあると思います。
頑張ってみてください。

介護職 やってられない