激しい運動不用のきゅっと締まったウエストを作る方法

実は激しい運動をせずにきれいにきゅっと締まったウエスト意を尽く方法があります。
それは正しい姿勢をすることです。
正しい姿勢はお腹周りの脂肪を減らすのに効果があるのです。
そのために簡単なエクセサイズも紹介しておきあmす。

壁に背中をぴったりとつけたまま、できるだけあばら骨を上に引き上げお腹をぺこっとと凹ませます。
すると腰の後ろあたりに壁との空間ができます。
そこに手を入れて、手のひら1枚くらいになるまで
お腹を奥に奥にと押し付けていきます。
この奥に引っ込めた状態で上に引き上げます。
ここで動いているのが腹直筋です。
この腹直筋が正しい姿勢や美しいスタイルの源なのです。
この服貯金が弱ってくるから余分な脂肪がお腹周りについてくるのです。
肋骨から骨盤までの間、このいわゆるウエストまわりには大切な役割をする内臓がたくさん入っているのにもかかわらず、骨で覆われていません。
そのため内臓を守ろうとするためにも脂肪を尽きやすくしている身体の仕組みになっているのです。

腹直筋やわき腹についている腹斜筋は内臓を正しい位置に収めておく役割があります。
いわゆる内臓のためのコルセットのようなものです。
ここを鍛えるために、毎日お腹を凹ませて上に引き上げる意識をもって生活することが大切なのです。
この姿勢を保つことが習慣化できれば激しい運動をしなくても綺麗できゅっと締まったウエストラインを手に入れることが出来ます。
最初はわずか5分程度でもいのでチャレンジしてみてください。
なにか気づいた時にはその姿勢を摂ることを心がけてください。
できればその姿勢を
10分
30分
1時間
と長く続けられるようにしていきましょう。
するとmジュ意識のうちでもお腹が凹んでいつ!?
そんな状態にまでもっていければメタボお腹ともおさらばできます。
こんな簡単な運動でお腹周りがすっきりするのであればチャレンジしてみる価値はあると思います。
頑張ってみてください。

介護職 やってられない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です