Butt のすべての投稿

体内の消化酵素の無駄使いが肌荒れの原因?

体内酵素の無駄使いが肌荒れの原因になっていることもある?
というこいとも知っておいてください。

肌荒れでお悩みの方に3つの質問です。

Q;早食いになっていませんか?
早食い
つまり噛まない食事は消化酵素を大量に消費してしまいます。
ゆっくり噛んで食べると口の中で食物が細かく砕かれて、その後の章かがとてもスムーズにいきます。
一口食べたら箸をおき、30回程度は噛むことを意識することが良いとされています。

Q:大食いになっていませんか?
食べ過ぎ
大食い
つまりたくさん食べすぎると消化酵素不足してしまいます。
消化しきれなかった食べ物は腸内で腐敗し悪玉菌を増やしてしまいます。
ですから昔から「腹八分目が良い」と言われているのはこの理由かもしれません。
食事は
「おなか一杯」
と感じるまで食べてはいけないのです。

Q:トランス脂肪酸って知ってます?
心筋梗塞や狭心症のリスクを増加させ、アレルギー疾患を進行させることが確認されている質の悪い油なのがこの「トランス脂肪酸」です。
トランス脂肪酸は体内に摂取されると体内の消化酵素が大量に消費されてしまいます。
しかし、それでも代謝されないトランス脂肪酸は体内にとどまり。体に様々な悪影響を及ぼします。
このトランス脂肪酸は
・マーガリン
・ショートニング
・ファットスプレッド
またこれらを原材料に使った
・パン
・ケーキ
・ドーナッツ
などの洋菓子に多く使用されイェイることがあります。
ですからケーキ好きな女性は原材料をきちんとチェックしてからケーキなどを選んでください。

ちょっと前までは朝食にバターを塗る時にほとんどマーガリンの家庭が多かったものです。
しかも、動物性油脂のバターよりも健康によいとまで宣伝されていたのです。
しかし、このマーガリンの箱の成分表示を見てください
おそらく「食用精製加工油脂」という表示があるはずです。
これはまさにトランス脂肪酸なのです。
毎朝 パンにたっぷりのマーガリンを塗ったトーストを食べているのなら、それが肌荒れの下人かもしれません。
チャットレディ 稼ぐ コツ

お肌を絶対に引っ張っちゃダメ

顔の形がだんだんシャープじゃなくなってきた
それはある程度 お年を召した女性なら誰でもい感じるはずです、
これはお肌にハリは失われ、若い頃は強固だったお肌の結合組織が緩んできて、もはや重力にあらがえなくなったことで生じるたるみが原因です。
毎日 鏡の前に映る自分の顔に思わず
「老けた?」
とある日 嫌でも気づく瞬間がやってきます。

でも絶対にやっていけない動作が
「若いことはこうだったよなぁ・・・」
などとたるんだ皮膚を引っ張りあげることです。
それをしてしまうと皮膚は伸びてしまいます。
みんな若いことの皮膚に戻そうとしてそんなことをされがちですが、皮膚って決して形状記憶しているわけではないのです。
毎日毎日鏡を見るたびに引っ張っていると皮膚はどんどん伸びていってしまい、たるみやしわはひどくしていることになります。
ですから、皮膚を無理やり引っ張り上げることは逆効果のことをしっかりと理解しておいてください。

また、お肌をこするのも厳禁です。
それはシミをどんどん濃くするだけでなくタルミもひどくしていきあmす。
よくやるのが「クレンジングやクリーム」を塗りこむ時です。
その時お肌の皮膚は引っ張り上げられグイーンと伸びていっています。
こすることでたるみは進行しているのです。

では、たるんだお肌の皮膚をどうすればいいのか?
まずは引っ張らないことです。
こすらないことです。
お顔のお肌の血行を良くなるからといって強いマッサージはおすすめしません。
強いマッサージは肌をこする動作なのでシミの原因にもなります。
マッサージをするのは顔ではなくアゴの下からのフェイスラインや耳の下、そこから首のあたりです。
とりわけたるみ防止に良いマッサージは「みみマッサージ」です。
まずは背筋をピンと伸ばし、頭を舌に向けながら耳の上部を横に引っ張り1分間程度キープします。
これによって肩から首の滞っていた血流が解消されます。
その後数回耳全体をグネグネ揉んだり、折りたたんだり、いろんな方向にひぱったりするとお顔の血流がよくなります。
きっとお顔全体がポカポカするのを感じられるでしょう。
これが直接顔をマッサージするよりもたるみ防止には効果的なんです。
相続手続き 代行 愛知 名古屋

肌のくすみは「肝斑」である

普段のお化粧であなたはファンデーションを手放せませんか?
もしたっぷりと塗っているのなら、その理由は・・・・

・年齢とともになんとなく肌がくすんできた気がする
・ほほのあたりに、モヤッとした茶色いものが目立つ気がする
そんな多くの女性が気にしているのがお肌のくすみです。

お肌にくすみが出てくる理由はたくさんありますが、それをファンデーションでごまかし続けるのにはいつか限界がやってきます。

■ お肌のくすみは「肝斑」が主な原因
肝斑の原因などは学界や業界でもその定義もバラバラです。
でも主な症状として
「周囲の皮膚に比べてくすんでいる領域」
を肝斑と呼んでいます。
これは普通のシミとは異なり輪郭もはっきりせず、頬骨の中央や目尻の下あたりで左右対称にでることが特徴です。
肝斑にも「濃い肝斑」から「ごく薄い肝斑」までいろいろありますが30歳中盤あたりの女性のほとんどにこの肝斑という症状が認められるのです。

■肝斑が悪化する原因
肝斑が出てくる原因は以下の3つといわれています。
①ホルモンバランスの崩れ
②紫外線
③化粧品に頼ったスキンケア

肝斑が悪化する原因として「ホルモンバランスの崩れの影響」といわれていて、多くの方がそれが肝斑悪化の原因と考えています。
でも、実際のところ「ホルモンバランスの影響で肝斑が悪化する人」は全体の2~3割程度なのです。
肝斑悪化の主な原因は
「紫外線」
「普段のお肌のスキンケア」
なことを知っておいてくださいね。

年齢を重ねていくうちに、肝斑のくすみは強くなっていきます。
もちろんもともとの皮膚の薄さや過敏性など個人差は大きいですが、年齢とともに肝斑が出てくるのは仕方のないことなのです。
それは年齢を重ねるにつれお化粧をしていた期間が長くなることなのでくすみが出やすくなるのです。

■肝斑を改善するには?
肝斑を改善するには前記の肝斑の原因を改善することからです。

ストレスはホルモンバランスを崩します。
身体だけでなく心の健康にも注意しなければなりません。
紫外線もお肌の大敵です。
20分以上の外出なら日傘をさしたり日焼け止めクリームを塗るなどの対策もしましょう。
肌のバリア機能を破壊するスキンケアをしないように正しいスキンケアを調べましょう。
・肌に負担をかけないファンデーション
・肌に負担をかけないクレンジング
このあたりはしっかりと調査してください。
吹き抜け テレビ 聞こえにくい

「食べたものを書く」それだけで確実に痩せられる

毎回の食事の内容をノートなどに書いて記憶する
それだけで太らなくなる?
そういうと誰も信じないかもしれません。

なにを?どれだけ?食べたのか?
その食事の内容を書くことがなぜ重要なのでしょうか?
それじゃ「記憶」と「現実」に大きなズレというか錯覚をみんな起こしているからです。
ほとんどの人間は「自分が食べたと考えている料よりはるかに多くの量を食べている」
と言っても過言では逢いません。

痩せたいのなら?
ダイエットしたいのなら?
摂取カロリーより消費カロリーを多くすればいいだけです。
今まで摂取していたカロリーの内容の食事よりも、よりカロリーの少ない食事に切り替えるのです。
ところがそいうは簡単には問屋が卸しません。
カロリーの少ない食事に切り替えたつもりがいっこうに痩せない?
その理由はというと・・・・

■カロリーを抑えた食事のはずが実際には抑えられていない

ちゃとえば炭水化物を減らそうとご飯の量を普段の半分以下に抑えたとします。
量を減らせばカロリー摂取は減らせます。
しかし、その分おかずをたくさん摂ってしまうと意味はありません。
ご飯の量を減らしても総カロリーは以前のまま、いやそれ以上になっているかもしれないのです。
しかしダイエットをしているという自覚おある人は
「ご飯の量まで減らしているのになぜやせないのだろう?」
とジレンマに陥ってしまっているのです。

■昨日「なにを?」「どれだけ?」食べましたか?
ほとんどの方は
「昨日「なにを?」「どれだけ?」食べましたか?」
という質問に答えられないものです。

特に間食のお菓子やケーキなどは食べたことすら忘れているのが普通です。
まあ、お菓子などの間食は食事という自覚もないため覚えていないのも当然かもしれません。
しかしカロリーの高いのもこのお菓子なんかの間食なんです。
相続 税理士 頼まない

■人は自分に都合の悪いことは見なかったことにする
ダイエットという目標のためには、間食などは控えなければなりません。
しかし、これが結構難しいのも事実です。
みんあが美味しそうに食べているのを我慢するのは固い意志が必要です。
だからこそ自分が食べたものの内容をノートに記録する。
昨日、あれをい食べたから今日はセーブしよう
昼間にケーキを食べたから夕食は軽いものにしよう
そんなやりくりもできるのです。