「食べたものを書く」それだけで確実に痩せられる

毎回の食事の内容をノートなどに書いて記憶する
それだけで太らなくなる?
そういうと誰も信じないかもしれません。

なにを?どれだけ?食べたのか?
その食事の内容を書くことがなぜ重要なのでしょうか?
それじゃ「記憶」と「現実」に大きなズレというか錯覚をみんな起こしているからです。
ほとんどの人間は「自分が食べたと考えている料よりはるかに多くの量を食べている」
と言っても過言では逢いません。

痩せたいのなら?
ダイエットしたいのなら?
摂取カロリーより消費カロリーを多くすればいいだけです。
今まで摂取していたカロリーの内容の食事よりも、よりカロリーの少ない食事に切り替えるのです。
ところがそいうは簡単には問屋が卸しません。
カロリーの少ない食事に切り替えたつもりがいっこうに痩せない?
その理由はというと・・・・

■カロリーを抑えた食事のはずが実際には抑えられていない

ちゃとえば炭水化物を減らそうとご飯の量を普段の半分以下に抑えたとします。
量を減らせばカロリー摂取は減らせます。
しかし、その分おかずをたくさん摂ってしまうと意味はありません。
ご飯の量を減らしても総カロリーは以前のまま、いやそれ以上になっているかもしれないのです。
しかしダイエットをしているという自覚おある人は
「ご飯の量まで減らしているのになぜやせないのだろう?」
とジレンマに陥ってしまっているのです。

■昨日「なにを?」「どれだけ?」食べましたか?
ほとんどの方は
「昨日「なにを?」「どれだけ?」食べましたか?」
という質問に答えられないものです。

特に間食のお菓子やケーキなどは食べたことすら忘れているのが普通です。
まあ、お菓子などの間食は食事という自覚もないため覚えていないのも当然かもしれません。
しかしカロリーの高いのもこのお菓子なんかの間食なんです。
相続 税理士 頼まない

■人は自分に都合の悪いことは見なかったことにする
ダイエットという目標のためには、間食などは控えなければなりません。
しかし、これが結構難しいのも事実です。
みんあが美味しそうに食べているのを我慢するのは固い意志が必要です。
だからこそ自分が食べたものの内容をノートに記録する。
昨日、あれをい食べたから今日はセーブしよう
昼間にケーキを食べたから夕食は軽いものにしよう
そんなやりくりもできるのです。

バストケアも継続が大事!私のケアを紹介

32歳、私のバストケアを紹介いたします。
ちなみにEカップあり、将来垂れてしまいそうなおっぱいだと常日頃から考えております…。
とても悲しい現実ですが私たち女性はその現実から目をそらすわけにはいけません。
私が実践しているバストケアについて紹介します。

まず、私が実践している1つ目は胸を押し潰さないことです。
どうしても、うつ伏せの状態になると胸を押し潰す格好になってしまいます。
悪いことではないのかもしれませんが、つぶれたままの状態をキープすると胸の形が悪くなると思っています。

2つ目はブラジャーをしっかりしたものをつけること。
これは基本中の基本かも知れませんが、お金もかかることですし、最近では非常に安いブラジャーも売っています。
それで、皆さまおろそかにしがちなのではないかと思います。
今では某メーカーさんが出している楽チンなブラジャーやキャミソール型のものまであるので、やはりあの手のものはホールド能力が低く胸が垂れてしまう若しくは形がくずれてしまうと思います。
私は現在補整下着を着用しています。
少しお値段はしますが将来への投資だと思い購入致しました。

3つ目はマッサージです。
やはり形を整えるためにもマッサージをしてあげること。
私の場合は横の流れてしまったお肉を胸元に戻すように引き上げる、あとは脇の横のリンパをマッサージしその後胸を軽く上下に揺らす、左右に揺らすをしています。

最後はなんといっても保湿は欠かせません!
毎日全身に保湿クリームを塗っています。
胸は忘れがちですがたっぷりと塗り込むようにしています。
皮の薄い部分だと思うので保湿はわりと大切な作業なのではないかと思っています。
夏場は汗で気持ち悪いこともあるのでジェルタイプのものがオススメですね。
逆に冬場は重めのテクスチャーのものを使用するようにしています。
寝る前だけでなくブラジャーを装着するときにも保湿クリームを塗るようにしています。
ブラジャーへの肉の入りが良くなると同時にキープしてくれる能力も上がるからです。
わりと忘れがちなのですがこれをした日は、胸の入りが良くなりバストアップしたように感じることが多いんです。

バストケアはそれぞれ違うと思いますが、私はこのケアを続けて胸をよく誉められます。
産後の場合は特にケアは気をつけました。
垂れないようにしたいですよね。
ケア次第で変わるので、意識してみてください。
垂れ 乳 改善

是非皆さまも試せるところは試してみてください。

産後の寝不足からの疲れの緩和と美容法

我が子は敏感で繊細な性質で、夜泣きが本当に多く4歳前くらいまではぐっすり眠れたことがありませんでした。

なので常に私は睡眠不足で、フラフラな時も多かったです。

主人も仕事が忙しく、また実家も遠かったので頼る人もいなく、すべて自分でどうにかするしかありませんでした。

睡眠を十分にとることができなかったので、せめて食事はしっかり摂ろうと思い、どんどん食べていました。

しかし小さい子がいるとなかなか凝った料理は作ることができないし、外食も難しいし、ゆっくり食べられなく…ついつい自分の食事も適当になってしまいがちでした。

なのでそのまま食べられるバナナやヨーグルト、納豆などを買い置きしておき、小腹が空いたら食べるようにしていました。

糖分も適度に摂った方が力になると思い、好きな和菓子もストックしておきました。

そして鉄分や亜鉛、ビタミン、スルフォラファンなどのサプリメントにも頼りました。毎日飲むことで、体力がないなりにも、風邪を引かず倒れることなく乗り切ることができたと思います。

卒乳してからは、養命酒を飲むようになりました。私は漢方の効果がよく感じられる方なので、養命酒もとても効果があり、睡眠が十分にとれない中でも元気に過ごすことができました。

そしてアリナミンEXなどの商品にも頼り、かなり疲れているときは寝る前に飲んだりして、なんとか辛い時期を乗り越えられました。

外見はやはり内面から表れると思うので、気持ちも塞ぎこまないようにリフレッシュを心掛けたり、子どもと散歩をして太陽を浴びたり、ストレッチをして身体を適度に動かしたりと、生活習慣にも気をつけていました。

ストレスがたまったら、寝かせた後に(すぐ泣いて起きるので抱っこしたまま)好きな動画を見たり、本をパラパラと読んだり、おやつを食べたりと、自分なりの発散方法を見つけて実行していました。

外見面では、乾燥肌なので昔から保湿だけは気をつけていたのですが、忙しくなってしまう産後も保湿は意識的に続けたいと思い、お風呂上りなど赤ちゃんが泣いていてもバッと保湿だけはしっかりとするようにしていました。

化粧水はスプレータイプに変え、乳液はチューブ式のすぐ出せるタイプに変え、時短であるけどもしっかりと保湿ができるようにしていました。

常に寝不足で疲れていましたが、いろいろと気を付けていた成果なのか、周りの人には産後も全然余裕を感じるくらい外見に変わりもなく、子育てをとても楽しんでいるように見えたようです。

他にも時短をすることで、時間の無さから解決できます。
時短でもケアをすると、疲れるふうには見えないと思います。

自分の時間を作ることで、育児ストレスも少なくなり、気分転換にもなると思います。

産後ダイエット 体験談で、みんなの体験談を見るのも参考になりました。

やはり育児は大変なので皆工夫していますが、気をつけてる人はキレイに痩せていますね。

隠れ冷え性だった私の冷え性対策!

よく隠れ冷え性という言葉を聞きます。

自分では冷え性だと思っていないのですが、実は足が冷たかったり、お腹が冷えていたりして、自覚症状がない場合もあるのです。

私もその1人でした。

家では、靴下を履きたくないので、ついつい裸足で動き回ってしまいます。

冬でも、家に変えると靴下を脱ぎたくなってしまうので裸足が基本です。

家族から「冷えるから靴下はきなよ!」と言われますが、私は、「冷え性じゃないから大丈夫!」と真剣に受け止めていませんでした。

足の冷えも自分では感じないので冷え性だとは思いませんでした。

でもある時、整体に行くとお腹がとても冷たいと言われました。

自分では良く分からないのですが、専門医には触るだけで体温の低さが分かるようです。

私って意外と冷え性なんだ、と気づかされました。

冷え性は様々な病気の原因になります。

体温が高いと、体の免疫も強いので良いのです。

風邪も引きにくくなります。

体温が下がると、肩こりや更年期障害、便秘、婦人科系の病気などになる危険が高くなります。

特に40代に入り、ホルモンのバランスが崩れる時期ですので、余計体の管理には注意しなければいけません。

美容面だけではなく健康面にも大きく関わってきます。

そこで、私が実行してるのは冷え性対策として「生姜」です。

積極的に生姜を食べたり飲み物にします。

冬だと生姜スープを飲むとポカポカです。

特に「生姜パック」はおすすめですよ!

冬でも凄くポカポカして、やっぱり以前は冷え性だったんだなーと実感しています。

心地よい温かさで眠くなります。

リラックス効果もありますし、何より体の血行がとても良くなります。

寒い・冷える・・・だけじゃなく、血行が良くなって肩こりや腰痛も凄く楽になります。

生姜成分は体の健康に役だつので、冷え性の方、ぜひ試してみてくださいね!

冷え性の改善策はこちらに詳しく書かれています。

https://www.strangewaysrecording.com/hiesyou/

いつまでも心身共に美しく健康であるために、内面から温めることがとても大切なのです!

是非取り入れて、冷え知らずになりましょう^^